今月の京都

東寺 「終い弘法」 12月21日

東寺 「終い弘法」 12月21日

数ある京都のランドマークの中に「五重の塔」がありますが、京都駅からも新幹線からも見える「とっても分かりやすい」五重の塔は世界遺産の東寺(教王護国寺)のものです。
その東寺では毎月21日に縁日が開かれ、多くの人に「弘法さん」として親しまれています。

「弘法さん」といえば、弘法大師空海。平安時代、唐で密教を修めた空海は嵯峨天皇から官寺だった東寺を託され、今の密教寺院である東寺の基礎を作りました。
空海入寂後、東寺では、命日である旧暦3月21日に法要が営まれました。はじめのうちは年一回の法要でしたが、1239年(延応元年)以降は、毎月21日に営まれるようになったそうです。

法要には空海を慕うたくさんの参拝者が訪れるようになったので、参拝者向けに屋台の茶屋が店を開き、江戸時代には茶店だけでなく植木や薬を扱う露店も出るようになりました。
現在では1,000を超える多種多様な露店が軒を重ねる大規模な市になっています。

一年に12回開かれる「弘法さん」ですが、年の終わりの12月の市は「終い弘法」とよばれています。年末なので、正月準備の品物を扱う露店もたくさん出ます。お正月に欠かせない数の子や乾物、正月飾り、干支の置物、カレンダーといったものを買い求めにくる人も多く、「終い弘法さんに行かないと年が越せない」という人もいるとか。
普段の東寺は荘厳な雰囲気のお寺ですが、毎月の弘法さんの日は打って変わって賑やかになり、中でも「終い弘法」は立錐の余地もないほど多くの人出で大変賑やかです。京都の師走の風物詩のひとつです。

写真提供:東寺出店運営委員会(http://www.touji-ennichi.com/