今月の京都

北野天満宮「御茶壺奉献祭・口切式」11月26日

北野天満宮「御茶壺奉献祭・口切式」11月26日

11月26日、京都・北野天満宮では「御茶壺奉献祭・口切式」という神事が行われます。

天正15年(1587年)、北野天満宮境内の松原にて太閤・豊臣秀吉公による盛大な茶会「北野大茶湯」が催されました。
その際、秀吉公自ら点茶し、北野天満宮に奉献されたと伝わる縁により、北野天満宮では毎年12月1日に「献茶祭」が斎行されます。そして、その「献茶祭」に使われる碾茶(てんちゃ、石臼で抹茶にする前の茶葉のこと)を奉納する神事として、「御茶壺奉献祭・口切式」が行われます。

当日は、木幡(こはた)、宇治、菟道(とどう)、伏見桃山、小倉、八幡、京都、山城という京都のお茶の産地から各茶師たちが、春に作った碾茶が入った茶壺を担ぎ、行列を作って北野天満宮に運び込みます。
北野天満宮一の烏居を出発し、本殿に向かいます。神前に奉献され、古式ゆかしく茶壷の「口切式」が行われます。

唐櫃(からびつ)には、「献茶御壺」と「地域名」が書かれていて、本殿前に運ばれると唐櫃から茶壺が取り出されます。奉献に使用される御茶壷は各々由緒ある物ばかりです。唐櫃の上に置かれて並べられ、「口切式」の神事が行われます。
茶道の世界では、春につんで茶壺に蓄えておいた新茶を、茶壺の封を切って使うということを「口切り」と言うそうです。そして、「口切式」を行った碾茶を茶用に挽いて「献茶祭」で振る舞われます。

この「御茶壺奉献祭」「口切式」「献茶祭」という一連の行事は、400年余りの歴史があるそうで、京都の晩秋の風物詩のひとつとなっています。