選ばれる理由

お客さまはなぜイセトーを選んだのか、何が決め手となったのか、
イセトーだからこそ選ばれる理由をご紹介します。

  • TOP
  • 選ばれる理由

イセトーが選ばれ続け
てきた理由

紙を利用した印刷サービス、Webや動画といったデジタルサービスなど、1855年の創業から、私たちはあらゆる技術をもってお客さまの期待に応えてきました。しかし、技術と歴史だけが私たちのすべてではありません。お客さまの話をじっくりと聴き、お客さま目線で考え、どんな疑問にも答えること。それら全部が、私たちイセトーの強みであり、選ばれ続けてきた理由だと考えます。

丁寧に何度でもヒアリングする

営業部 松口 亜由美

私たちは直接のコミュニケーションを基本としています。実際にお客さまに会い、まず耳を傾ける。そこでお客さまの要望が明確でないと感じたときは、経営課題から丁寧に何度もヒアリング。最適なソリューションを提案するために、お客さまの声を拾うことを第一にしています。

お客さまのニーズごとに最適解を提案する

ソリューションデリバリー部 中村 第介

一見すると無理難題な相談にも、イセトーは正面から向き合います。関係部署とも連携をとり、どうすればできるのかをあらゆる角度から検討。お客さまのニーズにあわせてフレキシブルに対応します。

なんでも相談できるパートナーでありたい

デザイン部 鶴房 良樹

「イセトーならなんとかしてくれると思って」とお問い合わせいただくことも多々あります。それも印刷のことだけではなく、さまざまなことについて。そんなふうに、何か困ったときのパートナーだと思ってもらえること。それが私たちの目指す、お客さまとの関係性の理想像です。

個人情報を堅牢に守る
セキュリティ

イセトーは“お客さまの外部委託先”としてはではなく”パートナー”として責任を十分に認識し、管理体制のさらなる整備と強化に努めています。全社員のセキュリティ意識を高めるとともに、お客さまからお預かりする「個人情報」、成果物作成過程で必要となる「情報資産」をあらゆる脅威から守ることをお約束します。

品質管理もセキュリティも徹底的に追求する

情報処理センター長 中谷 賢英

情報処理センターを訪れたお客さまから「こんなにしっかりやっているとは思わなかった」と驚かれることがありました。私たちは常に万全を期して、お客さまのご要望にお応えしています。品質や工程の管理、セキュリティや整備、運用体制など、徹底的に追求し続けています。

堅牢なセキュリティを担保する
3つのポイント

情報セキュリティ体制

個人情報の厳格な運用を可能にしているのは、企画・設計から印刷、情報処理・データプリント、フォーム加工や電子化にいたるまで、すべてを情報処理センターで一貫処理しているからです。情報処理センターは、東西2拠点体制での相互補完体制を構築しています。金融機関や自治体をはじめとするお客さまに求められるセキュリティレベルを最新の技術で確保し、災害時の迅速な復旧のためBCPの策定もしています。

監査対応

イセトーはお客さまの監査にも数多く対応してきました。情報処理センターでは充実のセキュリティシステムと品質工程システムによって、金融関係をはじめとする厳格な監査基準に対応しています。また、クラウドを利用したサービスにおいても、日々改善に取り組んでいます。

認証資格

お客さまの個人情報を保護することも、私たちの事業活動の基本です。イセトーではプライバシーマークをはじめ、情報セキュリティに関するISO認証を取得。クラウドを利用した「パーソナライズド動画サービス」、「帳票電子交付サービス」、「マイナンバー申告サービス」 では、国際規格ISO/IEC27017:2015に基づくクラウドセキュリティ認証を取得しています。

コミュニケーションの
未来をつくるイノベーター
イセトーのこれまでとこれから

時代が変わっても変わらない、人と人とのコミュニケーションの価値。それをお客さまに届けることがイセトーのミッションだと考えています。これまでも、そしてこれからもお客さまとエンドユーザーのコミュニケーションに感動を届けるべく、イセトーはチャレンジを続けます。

これからは紙とデジタルの両方で新しいコミュニケーションを

民間企業、自治体、金融機関と、社会全体のデジタル化が進んだことで、ビジネスコミュニケーションにも大きな変革が求められています。イセトーはお客さまとエンドユーザーをより強固に結びつけるために、紙とデジタルの両方を駆使し、「コミュニケーションイノベーター」として革新し続けます。

ユニバーサルデザインに取り組み、情報の壁を取り払う

イセトーは年齢、性別、国籍などさまざまな違いに関わらず、より多くの人が生活しやすい社会のためにユニバーサルデザインに取り組みます。ユニバーサルデザインに関する有資格者が色やレイアウトなどに配慮し、わかりやすく、使いやすいを追求したクリエイティブを行います。「情報の壁」を取り払い、より良い顧客体験を実現することを目指します。

160余年変わらないことは、お客さまとエンドユーザーをつなぐこと

イセトーは1855年(安政二年)に、京都で創業。着物を包む文庫紙など、紙を中心に扱ってきました。1953年には、国内初となるビジネスフォーム製造に成功し、いまでは紙だけでなくデジタルサービスも提供しています。時代とともに私たちのサービスは確かに変化してきました。しかし、お客さまとエンドユーザーのコミュニケーションをつなぐことは、これまでも、そしてこれからも変わりありません。